BLOG

ヘアケアブログ。シリコンのなぞ。良いの?悪いの?

シリコンは非常に安定しているがゆえに、いつまでも髪に吸着していることが問題です。
特に最近のシャンプーは優しい洗いあがりのものが多く、洗ってもなかなか取れません。
しかしシリコンといっても永久についているわけではありません。
ブラッシングやシャンプーなどの物理的な力で、キューティクルに付着しているシリコンが、キューティクルまで一緒に剥がしながら落ちていきます。
最初はサラサラ・、ツルツルになり、喜んでいるのもつかの間。使い続けていると、髪が痩せていくのに伴い、徐々にツヤがなくなり、ガサガサになります。
また髪を守る鎧であるキューティクルがなくなるので、水分保持力が弱くなり乾燥や枝毛・切れ毛の原因になります。

◎頭皮に良くない理由

百歩譲って、シリコンの入っているスタイリング剤やトリートメントなどを髪の毛だけにつけるのであれば、まだ許せるのかもしれませんが、スプレーやミスト状の製品やショートの人などは、頭皮につけずに髪の毛だけに塗布することなど不可能なことです。必ず頭皮についてしまいます。
毛穴に詰まると健康な髪の育成を阻害し、細い髪の毛しか生えてこなくなります。健康な太い髪→軟毛(なんもう)化→産毛(うぶげ)化となり、薄毛への道を、ひたすらたどります。
一度あなたの身の回りにあるシャンプーやコンディショナー、スタイリング剤など裏書の成分表示を確かめてみてください。いかにジメチコン、シクロメチコン、○○シロキサン等という表示名でいうシリコン入りの商品が多いのかを。
洗っても取れない数多くのシリコン入りの商品を毎日、髪や頭皮に繰り返し付着させ、とりあえずのサラサラ感に満足して、引き換えに将来の不安を知らず知らずに作り出しているのです。

蓄積するシリコンは髪の表面を覆っているだけ!!

 

しかし、シリコンも良質な物もあります。もちろん蓄積しないシリコン。シリコンは髪をさらさらにし、手触りを良くする効果があります。

なので大切なのことはどういう成分が入っているのかを分かって使用することですね。

 

なかなか難しいですが、ぜひぜひスタッフに聞いてください!!

 

yusuke nakamura

NEW TOPICS

pageTop