BLOG

褒めて育てるというのは間違いだ

僕が美容師を始めた頃、

10人のスタッフで、一日100人を担当するサロンだったんですが、美容師の方なら、まぁまぁ忙しいというのは察していただけると思います。

営業中とかは、まぁ、仕事が遅かったり、

回し方を間違えるとけっこう叱られてました。

当然、営業後のレッスンも基本的に叱られながらやってました。

基本的に僕は、気を抜くとふざけて、どうでもいい私語とか多くなるので、これまた叱られてました。

基本的に褒めていただいたのは、テストに合格した時だけでした。

それが、今の世の中、どうですか。

「褒める教育」の全盛時代ですよね。

ゆとり教育を受けた人たちは、怒られ慣れていないから、

非常に打たれ弱いとか言われていたり。

たしかに、多くの心理学者の研究により、

褒めることが子供の自信を育て、

プラスの動機付けになることが実証されています。

 

ただ、みんな気をつけないといけないのは、

無闇に褒めるな、ってこと。

褒め過ぎは害なんです。

H.G.ジノットという心理学者の研究で

「幼児は、過度の称讃を受けると、自分がその讃辞に値しない

ことが暴露されないかとかえって不安になる」

ということがわかってます。

褒め過ぎると、人を甘やかし、自発的な考え方を

育てにくくする恐れもあります。

今の若い子はもっと危機感をもったほうがいい。

叱られない、なにも言われないのは、

「見込みがない」と判断されているようなもの。

みんな、「可愛がられる」を勘違いしていないか?

という僕の愚痴みたいなもん。(笑)

DSC02396 (Priime Davidson) (Priime BW - Shades)ss

NEW TOPICS

pageTop