BLOG

◆もっともっとオシャレに◆

今回も、ちょっとマジメな話。
最近、カットの技法のバリエーションを増やしてまして、
僕らの業界で今年始めから再燃されている
「ディスコネクション」という技法を使ったカットに
様々な可能性を感じて、取り組んでます。
もともと95年までは、個性的なデザインのために
利用されることが多く、
その後は悩み解決や、持ちを良くするために使われました。
今はまた、個性的なデザインで使われることも多くなりました。
昔からある技術なので、別に目新しいものでもないんですが、
「今風」「現代風」ってのが大事ですよね。
「ディスコネクション」はお客様の骨格に合わせて、
部分部分で、長さに違いを出して、修正していきます。
しかし、あまりにも極端に長短をつけてしまうと、
今度、髪を伸ばしたいとか、スタイルチェンジしたいと
いった時にやっかいです。
なので、僕の場合は極端に変なカットはいれませんが、
デザインのバリエーションを増やす目的で使います。
パッと見はわからないんですが、
ディスコネクションを使った作品です。
dignity2

NEW TOPICS

pageTop