BLOG

いいシャンプーの選び方3

前回の続き。
髪の毛や頭皮を乾燥、ダメージを与えずに必要ない汚れだけを取り切ることがいいシャンプーの条件だという話を前回しました。そんなシャンプーはあるのか?あります。ただ、あまり多くないと思います。

あぶら汚れは油で落とします。
皮脂や汗や角質の汚れは脂です。
ちなみにワックスやスプレーなども同じく油分です。

皮脂の汚れと新陳代謝によってできる角質の汚れを落とすには洗浄成分を皮脂とよく似た成分や角質に似た成分で配合すれば髪と頭皮を痛めることなく汚れのみをきれいに洗い落とすことができます。

酸化した皮脂の主成分は脂であり髪の毛と角質はケラチンと呼ばれるタンパク質でできています。
ですからオリーブオイルのような上質のオイルやコラーゲンなどの動物性タンパク質を洗浄成分に用いたシャンプーであれば髪を優しく洗い上げ、頭皮も髪も痛めません。
オリーブオイルやコラーゲンを主成分にしたシャンプーはコストもかかります。更に、髪をおしゃれに仕上げるために、しっとりサラサラな手触りになるだけでなく、天然香料などでいい香りになり、特別感や満足感をより高めてくれます。
これだけ高価な成分が配合されたシャンプーだと値段も当然高くなります。3千円以上が基本です。
ただ、コスパはかなり高くてお得です。成分的に市販のシャンプーよりかなり割安です。
キレイな髪にするために1度使ってみてはいかがでしょうか?
次回ももうちょっとシャンプーの成分を書こうかと思ってます。

20131111-003750.jpg

NEW TOPICS

pageTop