BLOG

ダンケルク

久しぶりに美容以外の話。

ダンケルクを鑑賞しにいきましたが、その前に反戦映画について。

 

戦争体験者の大林宣彦監督は、塚本晋也監督との対談の中で

「戦争で死んでいく者たちを美化してはいけない。」と語っている。

「見る者はそれが正しいと思ってしまうからだ。

どれだけ戦争が間違ってると訴えても、死にゆく者を美しく描いてしまったら、

戦争が”美しい悲劇”として受け入れられてしまう。

美しくなんかない。戦場には正義も悪もなく、

累々たる屍の山が存在するだけだ。

戦争とは人を殺して回ることだ。

しかし勝負の醍醐味というのも間違いなく存在する。

相撲で小兵の力士が大柄の相手をなぎ倒す爽快感はたまらない。

それは戦争を利用して描くものではない。」

 

そう、ダンケルクは反戦映画でもなく、

ノーラン自身が掲げるように「戦争映画」でもない本作。

ノーランが今回掲げたのは「観客に戦場を体験してもらう」

映像と音響だけで戦争の恐怖を体験させるということなのだ。

 

正直な話、開始早々10分ぐらいで、

雲の切れ間から突如現れる、ドイツ軍の戦闘機スツーカ。

空から急降下してきて、爆撃してくるシーンがあります。

凄まじい風切り音が、サイレンのように聞こえ、

当時は「悪魔のサイレン」と恐れられてました。

目の前で急降下されて、あの風切り音を聞いただけで、

僕は死ぬような思いに駆られて、恐怖しました。

ここから先は、劇場で体験してください。

絶対に今までとは違う「戦争映画」です。

IMGP1626 copy

NEW TOPICS

pageTop